最後のレイプ そんな貴方を忘れない 本田莉子
私は病気だった夫を救う事が出来なかった。三回忌を迎え、表向きには夫の死が過去のものとなりました。でも、私の中では、悔やみきれない思いが日増しに膨らんでいくばかり。そんな折、私は突然見知らぬ男に犯されたのです。