出張マッサージにハマった巨乳妻 三好亜矢
つまらない日常を送っている主婦の亜矢。ある日の買い物帰り、電柱に貼られていた「出張マッサージ」の看板を目にした。日頃の疲れから呼んでみることにすると、最初は、普通のマッサージだったが、次第に彼女の性感帯を責め始めるのだ。欲求不満な亜矢は、時間が過ぎても延長してエロマッサージにはまっていく。