尽きない快楽に理性は崩壊。 西川ゆい
ハリの良さが一目でわかる肌。まるで男に抱かれるためだけに存在するカラダだ。愛らしいゆるふわな外見でありながらも、西川ゆいのセックスはとにかく濃厚。ネットリとしたディープキスに始まり、執拗なフェラチオで男を翻弄。しかし、ペニスを挿入されると一転、淫らにヨガり始めるではないか。感じるところを丹念に擦り上げられるうちに、ゆいの理性は崩壊。ほんのりと桜色に色づく肌がなんとも淫らである。