姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 三喜本のぞみ
娘を婿の幸助に取られたと感じていた父親は、同居した幸助の事が気に入らない様子だった。母のノゾミは、父のそんな様子に気付いた娘から「お母さんから声を掛けて父親との溝を埋めてあげて欲しい」と頼まれ娘婿に何かと話し掛け仲良くなろうとするが、ノゾミの巨乳に惹かれていた幸助はその気持ちを曲解してしまう…