母の親友 川上ゆう
以前から母さんと親しくしているゆうさんが突然家に泊まりに来た。いつもは元気なゆうさんがどこか寂しそうな雰囲気で訳があるらしかった。詳しく聞き出すこともできず悶々としていたその日の夜、ゆうさんがオナニーをしているのを目撃してしまう。それからはどうしてもその光景が頭をよぎり、一人の女性として彼女を見るようになってしまい…。