僕の妻を寝取ってください。 秋山祥子
ある日、夫の大学時代の友人に迫られた祥子。きっぱり断ったつもりが、胸のドキドキが止まらず、濡れてしまう股間。夫が仕組んだ罠だとは知らずに。そして夫は彼に抱かれる妻を見て、これまで感じたことのない悔しさと共に言い表しようの無い興奮を覚えてしまう…。