夫の目の前で犯されて- 真夏の夜の悪夢 春菜はな
若妻の舞は、手配中の強姦魔に犯されてしまう。舞の家に居座り続ける男は肉欲の塊。昼夜問わず舞の熟れた肉を貪る。夫への変わらぬ愛——理性とは裏腹に、男の荒々しい欲望に汗を滴らせ、真夏の夜に若妻の本能が揺れ動く。