人妻女教師、真夏の汗だく授業。 水原梨花
母子家庭で育った僕は、学校に通いながらも密かに工場で働いている。塾に行く暇もなく勉強が遅れていて、同級生から避けられていた僕に水原先生は優しく接してくれた。僕は、綺麗で優しい水原先生に憧れていた。そして3年生の夏、水原先生と二人きりの放課後に急接近する事になる。猛暑が続く午後、授業が終わると汗にまみれながら校内至る所で密かに求め合った。この時僕は、こんな幸せな日々がずっと続くと思っていた…。