叔母の誘惑〜めくるめく快感に僕を狂わせる妖艶な肉体〜 白木優子
甥の拓海が休みを利用して白木夫妻の家にやってきた。その夜、隣で拓海が寝てるにも関わらずスリルを求める夫が妻・優子に夜這いをかけて…。寝ている甥を気にしながらも優子はその欲望に応えてやるのだった。しかし密かに起きていた拓海はその一部始終が頭から離れず以来、優子を女として意識するようになる。その視線に気づいた優子もいつしか拓海の若く逞しい肉体に興奮を覚えて…。