同僚の母 円城ひとみ
先輩の母親であるひとみさんの秘密を遂に掴んだ!「この秘密さえあればひとみさんを自由に出来る。」そう考えた僕は、旦那を亡くして一人暮らしのひとみさん家に先輩の目を盗んでこっそり向かう事にした。そして決行の日…僕の思惑通り、口では抵抗しながらも僕に従うしかないひとみさんを犯してやった。それ以来、ひとみさんとのセックスが病みつきになってしまった僕だけど…逆に、ひとみさんも僕のチンポを求め始めて…。