年下レズビアンに愛された私 安野由美 夏目優希
結婚して20年。遂にマイホームを購入した由美は、夫と娘と3人で順風満帆な生活を送っていた。しかし、たった2週間で夫が単身赴任で転勤。苛立ちを抑えられない由美は、パート仲間の大学生・優希に愚痴をこぼしていた。引っ越ししたばかりで右も左も分からない由美に、優希はいつも優しく接してくれた。この時、由美はまだ知らなかった。優希の想い、優希の狙い、そして、もう二度と夫へは、男へは戻れないことを。