いとこ成長日誌 褐色の美少女と親戚のオジさんと夏休みの想ひ出
毎年、夏休みに帰省してくる親戚の子。美しい小麦色の肌が汗ばんでいた。僕のイタズラを彼女は受け入れてくれた。だから、ただひたすら、彼女の肌を舐め続けた。 ※当作品において18歳未満の出演者はおりません。