家族の目を盗んで父親は娘を性教育する 木村つな
娘のつなは日頃からお父さんに性的な悪戯をされていた。お母さんの目を盗みつなに悪戯をするお父さん、気の弱いつなはそれを拒むことが出来ないでいた。そんなある日の晩、つなを夜這いするお父さん、「成長を確かめてあげる」という口実のもとに。そして、つなは今日もお母さんの居ぬ間にお父さんの欲望の捌け口の相手をさせられるのだ。彼女はいつものように諦めの表情を浮かべていた…。