寝取られ中出しサークル 向井藍
妻結婚して4年。私は深刻なEDに。そんな折、都内某マンションに私と妻はいた。「私どものサークルについてはご存知で、入会をご希望されている…ということでよろしいですね?」まず宣材撮影を行うという。もう一度、妻を抱きたい—私は愛する妻のために迷わず承諾した。未知の世界に踏み入れる緊張なのか、それとも自分の妻が見ず知らずの男に抱かれるという期待感であろうか、私は己の股間が僅かに熱くなるのを感じていた…。