母の親友 佐々木あき
あきさんと最後に会ったのは僕がまだ赤ちゃんの頃。そんなことを覚えているはずもなく、しばらくの間うちに泊まるというあきさんに対して何とも言えない気恥ずかしさを感じていた。その夜、あきさんの寝室から妖しい音が…あきさんは切なそうな声をあげながら小ぶりな胸を揉みしだき、一心不乱にアソコをグチュグチュとかき回していた。それから僕の頭はあきさんとのセックスの妄想でいっぱいになってしまい…。